IOCA - Our work - コミュニケーションアートプログラム

Topへ
English

TopOur workProjectmenu_archives.pngGalleryGet involvedAbout us

000000987143.jpg

 

コミュニケーションアート プログラム


「鑑賞ワーク」「創作ワーク」「対話ワーク」を組み込みながらひとりひとりが創造的プロセスを深く体験できるように設計されているのがコミュニケーションアートプログラムの特徴です。

創造的プロセスとは「対話」「発見」「表現」を繰り返すことであり、そのプロセスにおいて「創造する力」「コミュニケーションする力」「美しいものを美しいと感じる力」を育むことができるのです。

対話発見表現.psd

EGAKU Workshop
コミュニケーションアートプログラムの考えを踏襲している代表的なワークショップです。
2002年に小学生向けに開催したのを皮切りに広がり、2004年よりホワイトシップ社においてはイノベーションを必要としているビジネスリーダーや企業向けにも開催され、子どもから大人までを含むと、現在までで述べ7000人以上が参加しているワークショップです。

EGAKU Workshop の流れ
1.ガイダンス:ワークショップの意義と内容、ルール説明
2.鑑賞ワーク:アーティスト作品の鑑賞
3.創作ワーク:オリエンテーション、テーマを元に「描く」体験
4.鑑賞ワーク:お互いの作品鑑賞、発表
 
※2〜3時間/回(対象年齢及び内容によって異なります。)

P1300346.JPG透明_15-10.pngimgp3812.jpg透明_15-10.pngP1300413.jpg透明_15-10.pngdscn3468.jpg